子犬のトイレトレーニングについて

 

子犬のトイレトレーニングはいつ始めたらいいのですか?

 

と聞く人が沢山います。ワンちゃんが家に出来た日からトイレのしつけを始める必要があります。早ければトレーニングを始めたら、速いほど犬が決まった所に排尿と排便をするように慣れます。一番しつけに慣れやすい犬の年齢は6か月までです。

 

家を清潔に保つために子犬にトイレとして決まった場所を使用することを習わせる必要があります。ワクチン接種後の検疫が終わったら、外にトイレに行く習慣を発達し始めてください。家のなかのトイレとして犬用のおむつ、特別なトイレを使用するのはお勧めです。

 

普通子犬は自分でトイレの所を選びます。ですから、ワンちゃんがトイレとして選んだ所を見つけて、その所におむつを置いてください。けれども、子犬が選んだ場所は飼い主に不便でしたら、毎日2-3センチでおむつを希望の所に向かって移動してください。

 

現在、犬用おむつの大きな選択肢がありますので、適切なアイテムを選ぶことが問題ないです。子犬のトイレとして完璧なおむつは柔らかくて、液体をよく吸収する物です。このように、ワンちゃんは足で家の中に自分のおしっこのマークを残しません。


 

おしっこを間違って場所に防ぐ方法。

 

子犬を迎えたら、まず、全てのカーペットを隠してください。床のカーペットは柔らかくて、子犬がトイレとして気に入ります。最初にワンちゃんのためにガードレールを設置するのが良いです。その中にワンちゃんのベッド、フッドおもちゃとトイレ用のおむつを入れてください。ワンちゃんが自分が寝る所、食べる所におしっこをしませんので必ずおむつの上にします。後で段々ガードレールを広がってください。子犬は固い床と柔らかい

 

おむつの間にトイレとしておむつの方を選びます。子犬のトイレトレーニングは簡単なプロセルではなく、飼い主の愛情と忍耐が必要だと覚えていてください。

 

子犬がおむつに慣れる正しい方法:

1. あらかじめおむつの所を決めてください。子犬がトイレに行こうとしている行動を慎重に見てください。このような行動を簡単に分かることが出来ます。子犬は心配したり、回ったり、床を嗅ぎったりし始めます。この時に子犬を丁寧に取って、おむつの所に持って行って下さい。子犬がおむつをトイレとして使用したら、良く褒めておやつをくれてください。いつも子犬の行動を見て、おむつの所に持って行くようにしてください。

2.  子犬は遊んでいる時に誤って間違った場所におしっこをしてしまうことが出来ます。この場合ワンちゃんのおしっこをおむつで拭き、そのおむつを嗅ぎらせて下さい。その後で子犬がおしっこしてしまった場所を良く洗ってください。臭いが残ったら、ワンちゃんがその所がトイレだと思ってしまいます。

3. ケージを購入してください。ケージの中におむつを置いてください。このように、ワンちゃんが床におしっこする可能性が無く、おむつに慣れます。



専門家のお勧め:

子犬を絶対に叱らないでください。小さいワンちゃんが叱られた理由を分からなく、飼い主のことを恐れ始まます。この場合おむつではなく、離れた場所(例えば、ベッドの下)をトイレとして使用し始めます。

 

子犬のトイレトレーニングに無礼と重症ではなく、愛情、賞賛とおやつの方が効果的です。


弊社の子犬に最適なデコ革首輪をご覧ください:

Copyright © 2020 siberian-husky-japan.com. Powered by Dog Shop Japan