❤ シベリアンハスキーの子犬の育成とケア ❤


お客さんに新しい友達が出来ておめでとうございます!

他の品種の子犬と同じようにシベリアンハスキーのパピーには良い生活条件が必要です。ハスキーの子犬はアパートとエンクロージャーの両方にも完全に住むことが出来ます。だけど記憶しておきたいことは新鮮な空気の中で成長した子犬はより強い一般的な免疫力、より優れた品質の毛皮があります。そして、エンクロージャーの飼育は飼い主の家具を子犬の鋭い歯と脱皮中に特に脱落している毛皮から守ります。けれども、人々の近くに成長した犬は飼い主のことをはるかに良く理解して、もっと飼い主のことを愛します。これはシベリアンハスキーの場合にとても必要です。


ハスキー用のエンクロージャーはこの犬の品種の軽快さ、知性、自由の愛を考えて作ることが必要です。即ち、子犬もそして将来的に成犬もエンクロージャーを独立して出て、逃げる可能性が無いように作ってください。エンクロージャーの床は犬が足でピットを掘ることが出来ないように工夫されることが必要です。犬が関節または泌尿生殖器系を冷やさないように床をボードで覆うことは大切です。


ドックショーに参加するハスキーの毛皮が太陽の中で燃え尽きることなく、優雅な外観を失わないようにエンクロージャーの上にキャノピーを作ることが望ましいです。


子犬がアパートに住む場合、パピーがワイヤー、家庭用化学薬品およびその他の危険な物にアクセスが無いように慎重に見てください!シベリアンハスキーはスマートで永続性であり、禁止される物を得るために信じられないほどのウイットを表しますので、アパートの中に子犬の安全性を確保する時にそんなことを覚えてください。


子犬が家具、靴、飼い主の他の所有物を台無しにしないように必ず子犬におもちゃを提供してください。


子犬には加熱装置から遠くドラフトの無い居心地の良くて安全で離れた場所を与える必要があります。ドアで圧迫することなく、足で踏まないように気を付けなければなりません。たまにパピーは飼い主が寝ている部屋に一生懸命に入ってもらうように頼みます。隣の部屋に閉じた場合、ハスキーの子犬は神経質になり、財産に重大な損害を与えることが出来ます。けれども、あなたの寝室に落ち着いて寝ます。このような状況をかまわない場合、あなたのベッドのそばに子犬のためにマットを置いてください。だけど自分のベッドに受け要らない方が良いです。柔らかいマットレスは子犬の脊柱に有害からです。


どのような子犬の保ち方法にしても長くて活発な散歩と言うような十分な身体活動をもらう必要があります。

 ワンちゃんとのアクティブな散歩のためのおもちゃ:


 
ハスキーにエネルギーを消費する可能性を与えなければ、犬が自分でそのことを行う可能性を見つけますが、おそらくあなたにはそれが許容される方法ではありません。
 
ワクチン接種後の検疫が終わってから子犬を散歩させることを始める必要があります。だけどこれまでにパピーを腕の中に運び外に出ることが出来ます。これは社会化のプロセスを早めますよ。


 子犬が道路に飛び出す危険性がある所にはいつもリードを使用する必要があると覚えておいてください。あなたの犬が「来い」と言うコマンドを完璧に実行しないまでいつも都市内にリードを使用してください。けれども森や畑ではシベリアンハスキーに十分に走らせてください。

 

 


13mmフルグレイン革製のリーシュを使用して散歩中のマラミュート

ゲームのためのコンパニオンとしてあなたの子犬と同じ年齢の犬を選んでくさい。成犬は子犬と遊ぶのが好きではなく、傷つけることも出来ます。

 
シベリアンハスキーは泳ぐことが上手で大きな喜びでそれをやります。けれども、もしあなたの子犬は水に入るのを恐れる場合、いずれにしても無理やり入らせないでください。子犬が良く知っている成犬をもっている知り合いの人を連れて行ったら、パピーは成犬を模倣して泳ぐようになります。


シベリアンハスキーは毛皮の特別なケアが要りませんが、一週間に一回良く犬を梳く必要があります。最初は体、首、前後の脚、尾を育毛の方向に梳きてから逆の方向に梳来てください。
定期的なコーミングは犬の皮膚に血流を提供して、育毛の成長を改善します。脱皮中に毎日コーミングすることが望ましいです。ハスキーを浴びるのは汚染の過程によりとドッグショーの前に必要です。シベリアンハスキーに最適なシャンプーに関してあなたのブリーダーと相談してください。


最も大切なポイントの一つは子犬の給餌です。最高の推奨事項は獣医とブリーダーが提示します。けれども劇的に食事を変えること(自然食から乾燥食品への移行)は子犬の健康に危ないだと覚えておいてください。一部の食品はアレルギー反応を引き起こすことが出来ます:耳の中に発赤、発疹、眼からの排出。


シベリアンハスキーは非常に独立した自由を愛している犬ですからできるだけ早く子犬の教育を始めた方が良いです。
 
ワクチン接種後の検疫の時に子犬が家を出ないままで名前を覚えさせて、「来い」と言うコマンドを覚えさせることが出来ます。だけどあなたの子犬が完璧にコマンドを覚えても、外に初めて出たら、全部忘れてしまうのは普通のことです。外にはたくさんの新しい音、臭いとあって、一つのことに焦点を当てることが出来ません。


従順な成犬でも潜在的に危険な場所で(道路の近く)リードを接続して散歩した方が良いです。予期せぬ事態はいつでも発生することが出来ますので常に安全である方が良いです。
 

 

 

 

 

トラッキング用本革製リード

 

Copyright © 2020 siberian-husky-japan.com. Powered by Dog Shop Japan