✔ ハーネスの使用の特徴 ✔

現在非常に人気ある多くの利点のあるベルトとストラップから構成されている犬用道具です。

ハーネスは首から負荷を排除して、肩と胸部に分散します。犬が落ち着いて歩く時に胴輪は首に圧力をかけることなく、ワンちゃんが動く時に全く感じられることなく、自由の錯覚を与えます。

ハーネスの着用は子犬の骨格と筋肉を特別に形成しますので、パピーのためにハーネスか首輪の方が良いかと決定するまでに犬のトレーナー又はブリーダーと相談することが必要です。

一部の犬種に対して正しい発達のためにハーネスが必要ですけれども、幾つかの犬の品種に対しては禁忌です。

ハーネスはそり犬のために必修な道具ですから、大型犬であるご愛犬がお子さんのためにそり犬の作業を行うと決めたら、絶対に首輪ではなく、ハーネスの方だけ使用してください。

                                    特別な目的で使用されるハーネスもあります:

  • 追跡用ハーネス

  • 筋肉システムの補正のための重み付けエージェントのあるハーネス;
  •  盲導犬のためのハーネス;

  • 医療用等のハーネス。

 

ハーネスを選ぶ時に次の推奨事項に従ってください:

  •  胴輪を選ぶ時にサイズが一番必要なパラメータです。ハーネスは犬の皮膚に切り込まないでぴったりとフィットする必要があります。ハーネスは犬の動きを制限することはいません。
  • ハーネスのバックルは鋭いエッジと突出部分が絶対に無いようにしてください。
  • ハーネスの正しい着用の場合、胴回りのストラップはワンちゃんの脇の下に押し付けられません。中型犬、大型犬の場合、脇の下と胴回りのストラップの間の距離は大人の手のひらの幅になっています。小型犬の場合2-3指でOKです。

 ハーネスの利点:

  •  ハーネスを着用しているワンちゃんは不快適感がありません;
  •  使いやすいです。

 ハーネスの欠点:

 この犬用道具の欠点は犬の早い習慣性です。ハーネスの使用の後でワンちゃんは普通の首輪を着用するのを断る場合が多いです。ハーネスの使用が禁止されている犬種もいます。外から家に帰ったらハーネスを外す必要があります。犬の育成プロセスにはハーネスがい助けになりません。ハーネスを引っ張ることは犬に影響を与えません。

ハーネスか?首輪か?

 ハーネスと首輪の全ての利点と欠点にもかかわらず、犬の飼い主は色んな追加の要因を考慮に入れる必要がある。

  • 正しい選択をすることには犬用道具の種類、使用目的を理解しなければなりません。
  • いくらハーネスが良くてもセントバーナードのためには良くない選択です。この場合は上質で丈夫な首輪の方が良いです。その上、幾つかの犬種(例えばダックスフント)にハーネスを使用することは全くお勧めではありません。けれども、おもちゃのテリア、チワワのような小さなワンちゃんのためにハーネスが最も成功したオプションです。ハーネスは脆弱な子宮頸椎に圧力をかけることなく、美しい犬用アクセサリーになります。パグ、フレンチブルドッグのような短い鼻のある犬種の場合にも同じです。
  •  アパートに住んでいる犬は係留犬と比べて全く違うニーズがあります。

 

多くの獣医師と犬のブリーダーは首輪が犬の頚椎に悪い影響を与えると考えています。だけど、子犬のためにハーネスの方あるいは首輪の方が良いかと専門家の意見が違います。ほとんどの専門家は犬の骨コルセットが強化したまでに(犬の810ヶ月)ハーネスを着用しない方が良いと言っています。大型犬の骨格の成長にはもっと時間がかかります。

そしていつもハーネスだけ着用することは良いことかと統一意見がありません。ハーネスを着用する時に犬には別の重心が形成されます。ですからご愛犬のために道具を選ぶ時に色んな視点から考えなければなりません。

 

 

Copyright © 2020 siberian-husky-japan.com. Powered by Dog Shop Japan