そり犬

そり犬は普通雪や氷に人間、貨物、曳船用のドラフトパワーとして使用されている犬です。幾つかのそり犬の品種は8千年中ぐらい使用されており、20世紀の初めに地球の両極はそり犬のおかげで征服されました。

普通そり犬として特別な犬種(シベリアンハスキーアラスカンマラミュートサモエドライカ)が使用されます。そり犬は牧草地に依存することなく、トナカイ乗馬より多くの利点を持っています。気象条件と犬種の特徴に応じて、犬ぞりは一日に毎時1012キロの速度で40-60キロの距離を克服することが出来ます。同時に、犬ぞりにいる犬のために休息と補強のために停止が非常に必要です。1925年の慈悲の偉大なレースにそり犬のおかげでアラスカの集落に抗ジフテリア血清が届けられました。

様々な目的で使用されるそり犬の品種が沢山います。約20ぐらいの犬種がいるそり犬の世界に飛び込みましょう。このユニークな犬の特徴や最も重要なことを知りましょう。

アラスカン・マラミュート

この大型犬は最も古い品種の一つであり、アラスカ州西部を主産地とします。マラミュートと言う名前のあるエスキモー部族によって繁殖されており、その部族の名にちなんで名付けられました。2010年からアラスカ州のシンボルとなっています。

アラスカンマラミュートM'Lutとコツェビューと言う二つの種類に分けられています。M'Lutはコツェビューよりもっと大きな犬です。コツェビュー品種の色は狼男の灰色です。M'Lut犬種に黒と白、ブルー、真っ白の犬がいます。コツェビュー品種はM'Lutよりあまり攻撃的ではありません。ブリーダーはコツェビューかM'Lutかどちらの方が「正しい」マラミュートであるかと今でも争っていますが、両方のマラミュートは彼らは労働能力を失っていません。

この犬種には頻繁で長い散歩が必要です。アラスカンマラミュート犬は地面を掘るのが大好きで、わずかな数分で深い穴を掘ることが出来ます。この癖は以前のマラミュートが地面の中から様々な齧歯動物を引き抜き、このように自分の食べ物を取得していたことに関連しています。

アラスカンマラミュートは全く吠えない犬です。この犬は不平不満を言うような音を出します。

アラスカンマラミュートは高知能のある活発で善良な犬です。人間と中良くしますが性格に従う性質を持っています。時にはこの犬種が頑固さを示します。アラスカンマラミュートは強いキャラクターがあり、どんな状況でもリーダーになる傾向があります。マラミュートを最も幼い頃から人間に従うように育てる必要があります。

シベリアン・ハスキー

この犬種は初めてチュクチに現れたという意見があります。この犬はチュクチの半遊牧民族が彼らの狩猟領土を広げる必要性が出来た時に発生しました。そのために激しい霜に移動して、貨物を運ぶような犬が必要でした。

シベリアンハスキーは最も賢明で勇敢な犬種の一つです。この犬はバランスが取れた犬で、強い神経があります。ハスキーは良質で、誠実で自信がある犬です。この性質のおかげでシベリアンハスキーは北極圏の砂漠で作業を実施して、人間にとって素晴らしいペットです。けれども、この犬の目的は引っ張ることだと忘れない方が良いです。全てのそり犬は犬ぞりで走るのが大好きです。

各犬は自分の性格と意見があります。この犬は孤独が嫌で、非常に友好的で社交的です。

シベリアンハスキーは清潔が好きな犬で、新しい所に慣れやすいです。ハスキーは一定の身体活動、長い散歩、メンタルトレーニングが必要です。この犬の毛皮と皮膚は無臭です。脱皮は1年に2回自然な方法で行われます。グルーミングは必要ではありません。脱皮の時にアンダーコートを梳く必要があります。これは脱皮を楽にします。

サモエドライカ(サモエド)

サモエドライカはサモエドと言う遊牧民族によってツンドラで飼育されました。サモエドライカはそり犬、ガード犬、鹿の群れのシェパード犬として使用されていました。いつも人間と一緒にいることは犬に特別な理解と素晴らしい性格を与えました。直接的で、従順で、親切で、強くて気さくでもないサモエドはいつも笑っている顔をします。

サモエドは全ての北部の品種の犬で一番人間と中が良い犬です。気質、耐久性、病気に対する免疫、異なる条件への優れた適合性のおかげでこの犬はそり犬としてだけではなく、山へのハイキング旅行、カヤック、自転車旅行のコンパニオンとして良く使用されます。

サモエドは孤独をひどく許容するような犬です。いつも飼い主と密接な関係に住む必要があります。このような状況の下でサモエドは3-4ヶ月の年齢に基本的なコマンドを実行します。決して殴られ、罰せられないようにしてください!

サモエドは暑い気候を恐れません。この犬は素晴らしいふわふわした毛皮の世話以外に特別なお手入れが要りません。サモエドを浴びた後で良く乾燥して梳く必要があります。脱皮は一年に二回行われて、アンダーコートは特別なブラシで簡単に取り外されます。人間はサモエドの毛皮を紡績糸にして暖かい編み物をします。

 サモエドライカは遊ぶのが大好きです。陽気で、愛情深い犬はいつも自分の飼い主を喜ばせるようにしています。飼い主が自分の犬を理解して、正しく犬を指導すれば、サモエドはドッグショーの一般的な服従の命令の実施、障害を克服するための競技- 敏捷性、警察犬として緊急作業、盲導犬の人道的なサービスに成功します!その上、これは素敵な家族の犬であり、大人にとって忠実な友人で、子供にとって親愛なる世話をする友達です。

 

イーストシベリアンライカ

  イーストシベリアンライカと言う犬種は数千年で自然条件で繁殖されました。この犬種の祖先の生息地は多くの民族が住んでいたシベリアとウラルの無限平原でした。元々同じ犬種は各民族のプリファレンス、宗教によって変異するようになりました。例えば、ある地域には赤い色の犬が好まれて、他の地域に黒と白の犬が人気がありました。その理由で標的育種はなかったのに、段々純粋な犬種のグループが形成されました。

 現在のイーストシベリアンライカは平均身長より高く、がっしりした体格のある活発な犬です。雄犬の身長は55-64センチであり、雌犬の身長は51-60センチです。犬の重量は18-23キロです。

イーストシベリアンライカの毛皮は厚くて長いです。特に雄犬の首と胸に襟の形をしているもっと長い毛皮があります。雄犬は首筋にも長い毛皮があります。この犬種の足に指の間に短くて堅い毛があり、雪や氷の上に歩く時に役に立ちます。頭と耳の毛皮は短くて光沢のあります。

イーストシベリアンライカは他のそり犬と違って人間によって狩猟犬、ガード犬、軽い貨物を運ぶ犬、そり犬と言う様々な目的で使用されます。この犬種は貧弱な食べ物や厳しい気候条件に気取らない犬でしたのでとても人気がありました。

 イーストシベリアンライカは狩猟のための普遍的な品種です。様々な動物のための狩猟に使用されますが、特にサブル、有蹄動物、オオヤマネコ、熊のための狩猟に使用されます。


アラスカン・ハスキー

この犬種は繁殖犬あるいはネイティブ品種ではなく、人間が犬を交配した結果で出来た犬種です。アラスカンハスキーはアラスカンと北部地域にあるハスキーのような犬、シベリアンハスキー、ボーダーコリー、ジャーマンシェパード、レトリバー、イヌイットのそり犬、狩猟犬のミックスです。目はブルー、ブラウン、多色、モザイク色があります。毛皮は普通厚いですけど、長くないです。一部の犬は短くて滑らかな毛皮があります。毛皮の色は様々です。この犬種の一部の犬の尻尾はリングレットの形がり、他の犬の尻尾はふわふわさえしていません。一部の犬はサラブレッドのシベリアンハスキーに似ていて、他の犬はそり犬にさえ似ていません。ほとんどの犬は優しい性格があり、人間と付き合いたがっています。アラスカンハスキーで積極的な犬がほとんどいません。実施された研究に従い、アラスカンハスキーは他の犬と違って高い心拍数があります。このような特徴はこの犬を卓越したランナーにします!

そり犬用の本革首輪、ピンチカラーチョークチェーンマーチンゲールカラー、ナイロンカラー、ハーネスがあります。もちろん、一番いいのはナイロン製ハーネス本革製ハーネスです。

そり犬に最適なハーネス

犬トレーニング用のハーネス全天候の引張り、追跡、訓練用のナイロンのハーネスリハビリと冬の温暖化のための調整可能なナイロンのハーネス

 

 

Copyright © 2020 siberian-husky-japan.com. Powered by Dog Shop Japan