☝ 犬が物を噛む理由  ☝

犬が物を噛む理由は何かと質問する飼い主が沢山いるでしょう。

このような問題に遭ったことのない犬の飼い主はいなしでしょう?では、その犬の悪癖の理由を一緒に考慮しましょう。

ほとんどの場合にこのような破壊的な行動の理由は単なる怠屈です。多くの犬は孤独になることでいられないです。飼い主がいない家に長い間にいて犬が退屈な感じがして、自分を遊ばせるようにします。物を噛むのは本能的な行動ですので、愛犬のために特別に買ったおもちゃが無ければ、犬は家の中にある物や家具を噛もうとします。
いくつかのドッグトイがあれば、ワンちゃんは物を噛む癖を忘れることが出来ます。


 


活発な散歩と適切な育成は99%の場合に犬が家具を噛む問題を解決します。後の1%の場合は犬の病気と行動障害に関係あり非常にまれなことです。

 

こちらは犬が物を噛む主な理由です:

 飼い主がいないため犬が寂しくストレスになる状態。

 犬が家に単独でいて、飼い主がいなくてひどく寂しいです。犬が面白い物を噛むことでストレスを克服して、忙しくて、大好きな飼い主を待つ時間を短くします。

筋肉的と精神的な負荷の不足。

もし犬は散歩していた時にエネルギーを消費して、十分に楽しめることが出来なかった場合、そんなことを家の中にやり続けます。活発な犬は遊ぶこと、パズルを解くこと、色んな物を噛むすることが大好です。ワンちゃんは自分の活動の欠如を家の中に絶対に埋めろうとします。

歯の変化。

ワンちゃんの幼いころに歯肉は痛み、むずむずします。不快感に対処しようとし、子犬は家の中に見つかる物でスクレッチします。飼い主はこんなことを理解し、子犬の単に特別なおもちゃを購入することが必要です。

犬の成長。

成長している犬は噛むことで世界について学んでいますので、全ての会う物を噛もうとします。特定の物について想像力で特徴付けるためにワンちゃんは物を嗅いだり、舐めたり、噛もうとしたりします。けれでも、ワンちゃんが6か月歳になったら、周りの物に興味を失います。

 健康上の問題、脚気

犬が物を噛んだり、奇妙な味の好みがあったりする理由は脚気であるとの場合が多いです。蠕虫感染症、腹痛のおかげで犬はげっぷを引き起こすためにセルロースを含有する物(例えば、トイレットペーパー)を食べるようになります。自然条件の下では、このような物として草が使用されます。消化不良、貧しい腸微生物叢のため犬は食べてはいけない物を食べるようになります:壁紙、土壌、石、ゴミ等。このような犬の行動には緊急獣医師のケアが必要です。

問題の解決はありますか?

絶対にあります!

以下は犬が物を噛む問題を防ぐ主な方法です(プロのシノロジストのアドバイス)


1.ケージ。子犬が家に出来た前に犬用のケージを購入する必要があります。どこか出かける前にケージの中に沢山の犬用おもちゃ、おやつ等を入れて、子犬を閉めましょう。このように、ワンちゃんは飼い主がいないうちに自分のおもちゃだけで遊ぶように習います。

2. 犬用口輪2次の有効的なステージは口輪を着用することです。どこか出かける前にワンちゃんに柔らかくて、快適な口輪を着用しましょう。このように、ケージに閉めている場合と違って、アパート、家の中に自由に移動することで出来ますが、飼い主の財産にダメージをする可能性はありません。


犬が噛むタグ大型犬 音の出るおもちゃ ボーン型 茶色大型犬 音の出るおもちゃ ボーン型 茶色


Copyright © 2020 siberian-husky-japan.com. Powered by Dog Shop Japan